事故で,就職内定の会社に就職できなかった場合に休業損害を認める判決です。---交通事故賠償は,むさしの森法律事務所

[休業損害,内定,基礎収入]

オフィス内部.png


事故当時は無職でしたが,事故前に雇用契約を締結していた被害者(男・61歳)について,雇用契約の月給額を基礎(収入)として(休業損害を)認めた判決(名古屋地判平成23年5月20日 自動車保険ジャーナル・第1853号)では,3ヶ月の短期であるが雇用契約をしており就労予定であったことを理由に雇用契約での賃金を前提に休業損害を認めております。

著名私立大学を卒業後,米国留学をしてMBAの資格を有する被害者(男・30歳)が,事故直前に就職先が内定しており,その会社から年俸1500万円の成果報酬ボーナス及びストックオプション付与の内諾を得ていたこと等から年収1500万円を基礎(収入)に休業損害を認めた判決(大阪地判平成17年10月12日 自動車保険ジャーナル・第1631号)では,要するに,原告の学歴・経歴,就職予定の会社の内容,事故後の実績から総合判断したものです。

代表弁護士岡田正樹による出版物です

ごめんじゃすまない! 自転車の事故

むさしの森 法律事務所 岡田 正樹 (著)

本書の特長は事故を起こした加害者、事故に巻き込まれた被害者の真実をもとに、それぞれの苦しみや悲しみの物語、危険運転に対する違反切符と罰則、過失の割合、賠償・慰謝料の実例、自転車用の保険、和解に導く弁護士の役目など、あらゆる面から自転車事故を解説しています。 大切なお子さんを加害者に、被害者にもさせたくない。子を持つお父さん、お母さんには必携の書です。

Amazon詳細ページへ


交通事故における賠償や過失判例をご覧いただき、さらなる疑問にも弁護士として明確にお応えいたします。お気軽にご相談ください。

0120-56-0075 受付時間:月~金(土日祝日も対応)午前9時30分~午後10時

フォームからのご相談予約はこちら

ページの先頭へ戻る