鎖骨変形による後遺障害(12級5号)で逸失利益を認める最近の裁判例---交通事故賠償は,むさしの森法律事務所

[労働能力喪失,変形障害,逸失利益,鎖骨 骨折]

投手.png

鎖骨変形だけでは,労働能力の喪失が認められない場合が多くあります。
むしろ,原則として認められないと言うべきです。
しかし,例外的にではありますが,一定の条件があれば逸失利益を認める判決があります。

原告には,左鎖骨に変形癒合がみられ,かつ,これに由来すると考えられる左鎖骨部痛及び左上肢を使用した際の左肩部痛等が残存し,自賠責保険の関係では,後遺障害等級別表第2の12級5号と認定されたというのである。
なお,この点について,被告は,左鎖骨の変形癒合は,労働能力に影響を及ぼさない旨主張するが,原告に残存した左鎖骨部痛等の症状は,左鎖骨の変形癒合によって生じた他覚的所見を伴う神経症状であるということができるので,上記症状は,原告の労働能力に影響を与えるものであるとみるのが相当である。
そして,前記のとおり,本件事故前の原告の稼働状況及び稼働実績等に照らせば,原告は,本件事故に遭わなければ,症状固定後から就労可能な67歳に至るまでの間は,稼働を継続する蓋然性が高かったということができるので,原告は,本件事故による後遺障害によって,その労働能力を,7年間にわたって14%喪失したものとみるのが相当である。 (大阪地裁 平成20年11月25日判決 <出典> 自動車保険ジャーナル・第1796号)


自賠責12級5号の右鎖骨変形を残す症状固定時49歳求職中の男子につき,しびれ等を伴う症状等から,主に肉体労働に従事してきたという原告の職歴も考慮すれば,一定程度の労働能力喪失も認められ,後遺障害の内容及びその程度によれば,労働能力喪失の程度については,喪失率を10%とし,その喪失期間は,その症状が痛みであり,時間の経過により改善することが見込まれることを考慮して,10年間と認めるのが相当である。 (大阪地裁 平成25年1月24日判決 <出典> 自保ジャーナル・第1900号)


左鎖骨変形障害から自賠責12級5号後遺障害を残す27歳女子保育所勤務の逸失利益算定について実収入を基礎に,自賠責保険における等級認定を受けた後遺障害が左鎖骨の変形障害に留まり,派生的に生じるものである左肩の痛みについては,経年により緩和する可能性が高いと考えられること,左肩の関節可動域制限は軽度のもので,症状経過にも鑑み,労働能力に影響を与えるものとは考えがたいこと,そのほか,原告の年齢,就労状況などを総合考慮すると,原告の労働能力喪失率は10%,労働能力喪失期間は10年間と認めるのが相当である。 (神戸地裁 平成25年9月5日判決 <出典> 自保ジャーナル・第1910号)

代表弁護士岡田正樹による出版物です

ごめんじゃすまない! 自転車の事故

むさしの森 法律事務所 岡田 正樹 (著)

本書の特長は事故を起こした加害者、事故に巻き込まれた被害者の真実をもとに、それぞれの苦しみや悲しみの物語、危険運転に対する違反切符と罰則、過失の割合、賠償・慰謝料の実例、自転車用の保険、和解に導く弁護士の役目など、あらゆる面から自転車事故を解説しています。 大切なお子さんを加害者に、被害者にもさせたくない。子を持つお父さん、お母さんには必携の書です。

Amazon詳細ページへ



交通事故における賠償や過失判例をご覧いただき、さらなる疑問にも弁護士として明確にお応えいたします。お気軽にご相談ください。

0120-56-0075 受付時間:月~金(土日祝日も対応)午前9時30分~午後10時

フォームからのご相談予約はこちら

ページの先頭へ戻る