Q.頚椎(腰椎)捻挫・頚椎(腰椎)ヘルニアとシュモール結節の関係はどうですか。---交通事故賠償は,むさしの森法律事務所

[シュモール結節,ヘルニア,椎間板,椎骨,神経根,頚椎捻挫]

A.

シュモール結節とは,椎間板内の髄核が原因となる上下方向のヘルニアです。
結節とは,(この場合には病的な)組織内の円形の集塊です。

1  シュモール結節とは(クリックすると回答)

シュモール(Schmorl:発見者の人名です。)結節とは,
髄核が,線維輪を破壊して上下方向に移動て,椎体の上下面を一部破壊しながら侵入した状態を言います。
そのため,上下方向の頚椎(椎間板)ヘルニアということになります。

2  髄核・線維輪・椎体とは(クリックすると回答)

椎間板は髄核と線維輪とで構成されているということです。
つまり,椎間板の中心部にあるのが髄核です。
その髄核の周りを取り囲んでいるのが線維輪です。
椎間板は椎骨と椎骨の間にあってクッションの役割をしています。
その椎骨を構成する柱の部分に当たるものが椎体です。

3  画像ではどうなりますか(クリックすると回答)

レントゲン写真上では,椎体の上下面の斑点状の骨欠損があり,周囲は硬化像となっています。

4  神経根症状との関係はどうですか(クリックすると回答)

そのままでは,無症状のものが多く,事故を契機に症状が出現することがあり得ます。
そのため,頚椎捻挫からの神経根症状の要因になるといえます。

むち打ちや脱臼、脊髄損傷など、幅広い疑問にもお応えします。ご相談は埼玉の弁護士、むさしの森法律事務所にご連絡ください。

0120-56-0075 受付時間:月~金(土日祝日も対応)午前9時30分~午後10時

フォームからのご相談予約はこちら

ページの先頭へ戻る