Q.就労中で年金未受給の場合において,逸失利益の算定で将来の年金分はどのように取り扱われますか。

[年金,年金停止,後遺障害,死亡,逸失利益]

A.

年金の受給権を取得をしていたものの,現実の受給を受けていない場合があります。
そのような方で,後遺障害あるいは死亡による逸失利益が発生したとします。

原則として症状固定時の年齢から67歳までの喪失期間に対応するものが逸失利益となります。
ここで,67歳と言う年齢がポイントとなります。
年金を現実に受給する場合で,就労をしているならば年金受給は停止となります。
この停止期間を逸失利益を考える上で,どうするかという問題です。

「年金は,就労中は支給停止となることから,就労分の逸失利益を認定した67歳までの間は,これを損害できない。」結論になります。(大阪地裁 平成24年8月28日判決 <出典> 自保ジャーナル・第1885号)

代表弁護士岡田正樹による出版物です

ごめんじゃすまない! 自転車の事故

むさしの森 法律事務所 岡田 正樹 (著)

本書の特長は事故を起こした加害者、事故に巻き込まれた被害者の真実をもとに、それぞれの苦しみや悲しみの物語、危険運転に対する違反切符と罰則、過失の割合、賠償・慰謝料の実例、自転車用の保険、和解に導く弁護士の役目など、あらゆる面から自転車事故を解説しています。 大切なお子さんを加害者に、被害者にもさせたくない。子を持つお父さん、お母さんには必携の書です。

Amazon詳細ページへ


むち打ちや脱臼、脊髄損傷など、幅広い疑問にもお応えします。ご相談は埼玉の弁護士、むさしの森法律事務所にご連絡ください。

0120-56-0075 受付時間:月~金(土日祝日も対応)午前9時30分~午後10時

フォームからのご相談予約はこちら

ページの先頭へ戻る