Q.脳波に異常所見がないと,事故によって外傷性てんかんを発症したとは認められないのでしょうか。

[てんかん,後遺障害,意識消失,意識障害,棘波,発作,脳波]

A.

脳波所見は,てんかんの証明において重要ですが,脳波に異常が認められなくても脳外傷があるばあいに因果関係を否定することはできないというべきです。
しかし,裁判例においては,異常所見がないことから因果関係否定したものもありますので,注意が必要です。

1 てんかんと脳波所見の関係(クリックすると回答)

脳波はてんかんの診断に最も重要な価値を持つ検査であるとされていますが,現状では,てんかん性の脳波異常の明確な診断基準は確立していないと言われています。

つまり,脳波所見の解釈を誤ると,脳波異常を伴う非てんかん患者と脳波異常を伴わないてんかん患者という二重の誤診の危険性があると言われています。
実際にも,約15%のてんかん患者は,反復検査によっても脳波異常を示さず,通常の脳波検査による異常の出現率は約50%程度に過ぎないとされています。

しかも約10%の非てんかん患者に,てんかん様の脳波異常が出現するとされています。
(星和書店 久郷敏明著 てんかんの本 エプレプシー・ガイドp32)

2 裁判例に見られる脳波所見の意義(クリックすると回答)


裁判例としては,明らかな以上を示す脳波所見がなくともてんかんとしたものがある反面で,脳波所見がないことをてんかんではないことの理由としたものもあります。

①明らかな以上を示す脳波所見がなくともてんかんとした判決
(1)神戸地裁平成15年2月20日判決(確定)<出典> 自動車保険ジャーナル・第1548号(平成16年7月8日掲載)
脳波テストは,それだけでは補助手段とはなりえても,てんかんを診断したり,確定診断するものではないし,鑑定人自身,外傷性てんかんの診断には一般的に脳波は役に立たず,補助的なものに過ぎない。

(2)大阪地裁 平成15年6月27日判決(確定)<出典> 自動車保険ジャーナル・第1531号
被害者には脳波,CT,MRIに異常は認められないが,「本件事故による頭部に対する衝撃によって外傷性てんかんに罹患した」と認定しました。

(3)東京地裁平成2年3月23日判決<出典> 自保ジャーナル・判例レポート第88号-No.3 交民集23巻2号370頁
てんかん患者で脳波にてんかん性異常波を示さない例は決して珍しいものではなく,側頭葉てんかんにその例が多い。

②脳波所見が認められないことをてんかんの否定の理由とした判決
東京地裁 昭和61年11月11日判決<出典> 自動車保険ジャーナル・第694号 自保ジャーナル・判例レポート第70号-No,19 交民集19巻6号1559頁
(被害者には)鑑定脳波中にも棘波は見られないばかりでなく,鑑定脳波を記録中に被害者が痙攣発作を起こした時の脳波もてんかん発作時に特有のパターンを全く示さなかったうえ,発作の様子も典型的なてんかん発作のパターンとは異なり,むしろ心気的な症状が前景となっているから,てんかんの疾患を有していることを推認することはできない。

(2)大阪地裁 平成18年9月25日判決(控訴和解)<出典> 自動車保険ジャーナル・第1702号
被害者はてんかんを発症しているものと認められる。しかしながら,本件事故によって被害者が脳に損傷を受けたとは認められないし,脳波に異常は認められておらず,てんかんと本件事故との因果関係は認められない。

3 裁判例の流れ(クリックすると回答)

脳波検査による脳波の異常については,その精度を高めていけば,てんかんとの相関関係を把握することは科学的には可能であると思われます。
しかし,現時点でのレベルでは,すべての事例について脳波異常をてんかんの「要件」とすることは,救済を受けるべきものを除外してしまう危険があります。

裁判例は,必ずしも脳波の異常を必要としていないように思われますが,その場合でも頭部外傷がありてんかんを発症している蓋然性があるが,たまたま脳波検査による限界から脳波異常が認められなかっただけであるという事を示していると思います。

むち打ちや脱臼、脊髄損傷など、幅広い疑問にもお応えします。ご相談は埼玉の弁護士、むさしの森法律事務所にご連絡ください。

0120-56-0075 受付時間:月~金(土日祝日も対応)午前9時30分~午後10時

フォームからのご相談予約はこちら

ページの先頭へ戻る